【持論】努力する上で大切なのは "質" より "量" です【継続は正義】

この記事では、《努力する上で大切なのは”質”より”量”》について解説します。
最近は、プログラミング(Java)とブログとアフィリエイトを頑張ってます。アフィリのサイトは130記事くらい投稿して月3〜5万円って感じです。ですが、少し飽きたので一旦ブログに集中します。こちらもまずは100記事が目標です。
先日、インスタグラムで下記の投稿をしました。

View this post on Instagram

. . 僕の持論ですが… . 何かで成果を出したいなら『圧倒的に作業するべき』と思います。 . 異論として『努力は量より質』というのもあるけど、 . まず量をこなさないと失敗する回数が少ないし、時間にゆとりもあると思うので、質を高めようにも高められません。 . スキルや才能がある人は別にして、僕みたいな凡人は『圧倒的な作業量』が質を高める近道です。 . なので、6月は毎日ブログ更新です😌 . #yabublog . 🔽ブログはプロフィールから @y.a.m.m.o . #gopro #goprojp #エンジニア #フリーランス #プログラミング #プログラマー #サーフィン #サーファー #海

A post shared by やぶ 🏄 (@y.a.m.m.o) on

僕の持論ですが…何かで成果を出したいなら『圧倒的に作業するべき』と思います。
異論として『努力は量より質』というのもあるけど、まず量をこなさないと失敗する回数が少ないし、時間にゆとりもあると思うので、質を高めようにも高められません。スキルや才能がある人は別にして、僕みたいな凡人は『圧倒的な作業量』が質を高める近道です。なので、6月は毎日ブログ更新です。

投稿内容のとおり、努力において大切なことは『質』より『量』だと思います。
なので、この記事ではその理由をお話ししつつ、記事後半で『努力し続けるコツ』もお話ししようと思います。

努力する上で大切なのは “質” より “量” な話


仕事にせよ、インスタにせよ、Twitterにせよ、成果やフォロワーを伸ばしていくには、圧倒的に作業することが大切です。

量をこなす ⇨ 失敗の数が増える ⇨ 本気で試行錯誤する

結論から言うと…
早く結果を出したいなら、量をこなす(毎日やる)が大切です。
例えば、下記の通りです。

  • プログラミング ⇨ 毎日コード書く
  • ブログ ⇨ 毎日更新
  • サーフィン ⇨ 毎週末、海に行く

…etc

人によっては『毎日はキツイ…』と思うかもですが…
これくらい作業量すると、失敗や挫折する回数が圧倒的に増えます。

  • プログラミング ⇨ 毎日コード書く ⇨ 毎日エラーと格闘する
  • ブログ ⇨ 毎日更新 ⇨ 書くのが遅すぎて、睡眠時間が削られる
  • サーフィン ⇨ 毎週末、海に行く⇨1本も波に乗れなくて、萎える

…etc

この失敗や挫折が本当に大切で、『こんな結果は嫌だ!』と試行錯誤する量が増えることに繋がります。
人間、たまにしかやらないことに関しては、そこまで考えません。しかし、毎日継続することだと、異常なほどその対象に関して考えますよね。そして、失敗が多いと上手くいくよう試行錯誤を繰り返します。
この状態に持っていくことが、早く成長する秘訣です。

圧倒的に行動すると、ルーティン化する話【サーフィン編】

圧倒的に行動すると、ルーティン化する話【サーフィン編】
上京してからの僕の生活を知っている人は少ないですが、例えば2年前の僕は下記のような感じでした。

  • 日常生活しつつ、常にサーフィンのことを考えている
  • 会社で仕事をしつつ、『今日の波はどうかな?』と波チェック
  • 会社で仕事をしつつ、『明日の波はどうかな?』と波チェック
  • 会社で仕事をしつつ、『週末の波はどうかな?』と波チェック
  • 華金、飲みに誘われ『明日サーフィンで早起きなので』と断る
  • サーフィン終わりは、みなとみらいの『ムラスポ』でプロにアドバイス求む

本当にこんな感じでした。社員寮の同期に聞けばわかる実話です。そして書きつつ思いましたが、マジでキチガイですね…。完全にサーフィン脳でした。笑
好きなことや、興味のあることは努力感なく続けることができるので、好きを見つけるのも継続のコツですね。

よくある悩み:そんなに量をこなせません…

『大量に作業すべき』という意見がある一方、よく言われることが『そんなに量をこなせません…』という意見です。
もちろん、会社が忙しいなら厳しいかもですが、1日1〜2時間くらいは確保できるはずです。
実際、僕もみなさんと同じように会社員なので、一日の自由時間は限られていますが、1日3時間くらいは確保できてます。(就業時間:10〜19時)
なお、参考までに『僕が影響されているYouTuber』の方を掲載しときます。会社員として働きながら自分のやりたいことにも挑戦している良い見本です。マジで時間の使い方うまいです。そして、面白い…!

結論:まずは量をこなしましょう

世の中には『量より質が大事』という人もいますが、それは下記のような人だと思います。

  1. 過去に膨大な作業を経験しているので、スキルや努力の質が高い人。
  2. 『量より質が大事』と言いつつ、何も行動しない人。

おそらく、上記のどちらかと思います。
また、『量より質』派で、少ない作業量で成果を出す人もいますが、ちゃんと分析してみると、過去に大量の失敗や挫折を経験していたりします。なので、現状の結果だけで判断しない方がいいですね。
あと、世の中には簡単に成果を出す人もいますが、そういった人は天才だったりするので、気にしないほうがいいかなと思っています。残念ながら、僕は『天才』ではないので、とにかく『大量作業・大量行動』の一択です。

諦めずに『努力し続けるコツ』は3つあります


自分で言うのもなんですが、僕はわりと努力し続けるのが得意な方です。
そして、僕が思う『努力し続けるコツ』が3つほどありまして、下記のとおりです。

  • コツ①:先に投資する
  • コツ②:環境を変える
  • コツ③:努力を数値で管理する

それでは、ひとつずつ解説していきます。

コツ①:先に投資する

1つめのコツは、『先に投資する』です。人間の心理的に、”人は得する以上に、損することを嫌がる” だそうです。
ここで、少し僕の話をすると…
僕はプログラミングを学ぶために、プログラミングスクールの授業料『40万』。アフィリエイトを始めるときに、SEOやライティングに関する知識を学ぶために『40万』をぶち込みました。
なので、『絶対に損したくない』という心理が強烈に働き、モチベーションを維持でき、作業に没頭することができたかな…と今になって思います。
合計80万は結構な額ですけど、どちらも今の僕を支えてくれるスキルになっているので、悪くない投資だったと思います。
※余談として、『サーフィン』も頑張るために、サーフボードやウェットスーツなど一式20万くらいを初期投資しましたね。こうやって『先にお金を出す』という行動をすると、引くに引けなくなるので、わりとオススメです。

コツ②:努力できる環境を作る

2つめのコツは『環境を変える』で、この方法は超絶シンプルです。
結論、どうすればいいかと言うと…
自分の近くに『努力している人』『成果を出している人』がいたらOKです。そして、できれば同年代(タメ)がいいですね。
自分の周りに、同年代で努力している人がいると…『こいつがやるなら、俺もやる』というパワプロでいう『友情タッグトレーニング』ができますので、切磋琢磨しながら努力し続けれます。
また、仮にそういった友達やライバルがいないなら、自分で探しましょう。 努力する環境を作ることはとても大切で、それも『努力の一貫』だと思います。
なお、参考までに『僕が刺激をもらっているインフルエンサー』の方を掲載しときます。僕とタメのクリエイターで、『職業=自分』みたいな人です。好きなことを仕事にしてて、圧倒的に自由に生きてます。
≫ 旅するクリエイター Kei

コツ③:努力を数値で管理する

最後に3つめのコツは、『努力を数値で管理する』ことで、努力するときは必ず数字を意識しましょう。
具体例として、下記に『良い例・悪い例』を紹介します。

  • ✕ 毎日30分の読書をする
  • ◯   毎週本を1冊読みきる
  • ✕ 毎日1時間、新しいスキルの学習をする
  • ◯   新しいスキル取得のため、参考書を1ヶ月で3冊終わらせる

上記のような感じで、要するに『量と期限を設定することが大切ですよ』という話です。
例えば、『毎日30分読書する』という目標だと、確実に『だらだら読書して終わり』になると思います。なので、『量』と『期限』を明確にすることはマジで大切です。

まとめ:続けること(継続)が『吉』です

まとめ:続けること(継続)が『吉』です
今回の記事はこれくらいにします。
『量』や『質』についてお話ししましたが、結論もっとも大事なことは『継続』ですね。やめずに続けることで、必然的に量と質が高まります。
なので、短期的に集中して作業するのもいいですが、それよりも『1〜2年は続けてみる』というスタンスがおすすめですね。
圧倒的に継続して、小さな成功を積み重ね、自己肯定感を高めていきましょう。

人気記事

【2019年最新】IT転職におすすめの転職サイト・転職エージェント3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です