『競馬』は、ただのギャンブルじゃない話【初心者の方に魅力を解説】

この記事では、《競馬は、ただのギャンブルじゃない》ってことと《初心者の方向けに競馬の魅力》について解説します。
  • 競馬ってギャンブルじゃないの?
  • 競馬に少し興味があるけど、初めてで不安
  • 競馬の魅力について、少し知りたい
  • 女子でも、競馬場に行く人いるの?

こういった疑問に答えます。
この記事を書いている僕は競馬初心者で、現在はIT企業でエンジニアとして働きつつ、趣味でブログを書いています。
ところで、競馬についてよくあるイメージとして…

競馬について、よくあるイメージ

競馬ってただのギャンブルでしょ?

と多くの方が思っているかと思います。
そこで、この記事では『競馬』について、僕の経験談も交えつつ、その魅力について解説していきます。
※ちなみに、僕も最近まで『競馬=ギャンブル』と思っていたので、皆さんの気持ちも分かります。なので、分かりやすくかつ手短に競馬の魅力について書いていきます。

『競馬』は、ただのギャンブルじゃない話

『競馬』は、ただのギャンブルじゃない話

競馬ってただのギャンブルでしょ?

と思われがちですが、実はそうでもなかったりするんです。

『スポーツ面』と『ギャンブル面』の2つあります

ざっくり解説すると、下記の通りです。

競馬とは?
騎手が馬(サラブレッド)に乗り、決められたコースの、決められた距離を、決められた方向で周回し、着順を競う競技のことです。
また、その着順を予想し、賭けることでもあります。
このように、競馬は『スポーツとしての競馬』と『ギャンブルとしての競馬』の2つの顔があります。
非常に歴史のあるスポーツで、伝統的なレースの一つである『天皇賞』では、天皇皇后両陛下がご覧になることもあります。
『おじさん達がやるギャンブルでしょ?』という認識でも構わないのですが、決めつける前に一度競馬場へ足を運んでみるといいかもです。
実は、競馬場って遊べるテーマパークだったりしますし、『馬』って結構かわいいですよ。

週末を競馬場で過ごす『女性』が増えている話

週末を競馬場で過ごす『女性』が増えている話
最近は、週末競馬場で過ごす女性が増えていて、『競馬女子』『UMAJO』などと呼ばれています。

『UMAJO』とは?
女性ならではの感覚を活かして、もっと自由にぐっとポップに、ケイバを楽しむ女性たちのことです。
ケイバグルメでピクニックしたり、みんなでUMAJOコーデを楽しんだり、ゴール付近で盛り上がったり、楽しみ方は色々あるんだとか。
 週末を競馬場で過ごす『女性』が増えている話
週末を競馬場で過ごす『女性』が増えている話
 
ちなみに…
全国の競馬場には、『UMAJO SPOT』という、競馬を楽しむ女性のためのリラックススペースがあります。
※もちろん男子禁制です

無料で利用できる他、無料ドリンクのサービスや女性コンシェルジュが常駐しているので、はじめてさんでも安心です。
『競馬に興味はあるけれど、競馬場って行ったことないし不安・・・』と感じている女性の方は、
まずは女性専用のリラックススペース『UMAJO SPOT』で競馬場デビューしてみるといいかもです。
≫ ウマにときめく、とっておきの週末。 UMAJO

体験談:過去の僕も『競馬=ギャンブル』と思っていた話

体験談:過去の僕も『競馬=ギャンブル』と思っていた話
この記事を書いてる僕ですが…
恥ずかしながら、以前の僕も『競馬=ギャンブル』というイメージでした。
ですが、その理由について少し考えてみると…

おじさん達が、よく賭けの話をしているから

っという感じで、勝手なイメージだけで判断してました。
ただ、実際に競馬について調べたり、競馬場に行ってみると少しイメージ変わりましたね。けっこう奥が深くて、馬とか騎手にも物語があったりして、ちょっと面白いかもって。
そして、僕は、わりと馬好きですね。笑
フォルムがかっこいいです。人間でいうアスリートですね。

結論:一度、競馬場に行くのはアリかもです

結論:一度、競馬場に行くのはアリかもです
結論、お伝えしたいのは『一度、競馬場に行くのはアリですよ』ってことですね。
競馬に限った話じゃありませんけど、イメージだけで判断するのは少しモッタイナイかなと、、、。
入場料は『200円(※1)』ですし、乗馬体験やイベントにも無料で参加できたりするので、興味がある人は、一度行ってみるといいかもです。
そして、次の章では、競馬の魅力について、簡単に分かりやすく解説していきます。
※1:競馬開催中の競馬場の入場料は、東京・中山・中京・京都・阪神が200円。札幌・函館・福島・新潟・小倉が100円となっています。

【初心者向け】競馬の魅力を紹介します【4つ】

【初心者向け】競馬の魅力を紹介します【4つ】
下記の4つについて紹介します。

  1. 無料〜200円で遊べるテーマパーク
  2. 100円からでもドキドキが味和える
  3. サラブレッドそれぞれに物語がある
  4. 騎手たちの駆け引き

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

魅力①:無料〜200円で遊べるテーマパーク

繰り返しになりますが、競馬場の入場料は高くても200円です。

入場料100円
  • 札幌競馬場
  • 函館競馬場
  • 福島競馬場
  • 新潟競馬場
  • 小倉競馬場
入場料200円
  • 東京競馬場
  • 中山競馬場
  • 中京競馬場
  • 京都競馬場
  • 阪神競馬場
そして、大きなレースの時には競馬場の外でも、イベントやアトラクションが用意されいていまして、参加料はほぼ無料です。
また、大きなレースではプレゼンターの方も豪華で、芸能人にも会えるかもです。

魅力②:100円からでもドキドキが味わえる

魅力②:100円からでもドキドキが味わえる
競馬では賭ける場合に、いわゆる『馬券(勝馬投票券)』を買うんですけど、これって100円から買えるってご存知ですかね?
過去に『何千万円の配当がでた』『大荒れだ』という言葉を耳にしたことがある方もいるかもですが、これは何十万・何百万ものお金を賭けて大金になった場合ではなく…
100円が何千万円にもなったということなんです。
それを考えると、けっこう夢がありますよね。仮に100円分しか買わなかったとしても、大金になる可能性があるので、少ない金額からでもドキドキを味わえます。

魅力③:サラブレッドそれぞれに物語がある

魅力③:サラブレッドそれぞれに物語がある
競走馬(サラブレッド)がレースにデビューするまでは早くて2歳からでして、それまでに多くの人が関わりながら、大事に育てられます。

  • 生産牧場の人
  • 調教師(馬のトレーニングをする人)
  • 調教助手(調教師を補佐する人)
  • 厩務員(普段のお手入れをする人)
  • 馬主
  • 騎手

上記のように、サラブレッド一頭が産まれてから、レースにデビューするまでに多くの人が関わります。
普段何気なく行われていように思えるかもですが、一つ一つのレースに様々な人の想いが込められているんです。
例えば、馬券を買った人にはいくつもレースがあるうちの一勝かもしれませんが…
厩務員の方にはとっては自分が初めてお世話をした馬かもしれませんし、騎手にとってはキャリア初勝利かもしれません。
こんな感じで、どの馬にも背景には必ず物語があったりします。なので、競馬も感動アリのスポーツです。

魅力④:騎手たちの駆け引き

魅力④:騎手たちの駆け引き
競馬は『馬:騎手 = 7:3』くらいの割合で、馬の力がレースに大きく作用します。とはいえ、サラブレッドのポテンシャルを最大限に発揮させるには、騎手の腕が試されます。
逃げたら強い馬をしっかりコントロールして逃すのも騎士の力量ですし、逃げたら強い馬を徹底的にマークして逃さないのも騎士の力量です。
この辺りの『駆け引き』が分かってくると、かなりレースを楽しめますね。シンプルに陸上競技に似ています。

まとめ|競馬は、いろんな楽しみ方がある趣味です

まとめ|競馬は、いろんな楽しみ方がある趣味です
今回の記事はこれくらいにします。
最後に、冒頭でもお話した、競馬についてよくあるイメージですが……

競馬について、よくあるイメージ

競馬ってただのギャンブルでしょ?

僕の回答としては、一言で言うと『いろんな楽しみ方があるよ』ですかね。
『お金を賭けて楽しむも良し』『純粋にレースを楽しむも良し』『週末のんびり競馬場で過ごすも良し』だと僕は思います。
なので、イメージだけで判断するのは少しモッタイナイかなと、、、。
もちろん、ギャンブル的な要素もありますが、だからこそ多くの人が熱狂できるのかもしれません。

  • サラブレッドを見てみたい
  • 200円で週末過ごしたい

そのくらい軽い気持ちで大丈夫なので、まずは近くの競馬場に足を運んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です